環境性能の向上にメリット|事前に家族で話し合う|トミオやハウスメーカーに依頼するための準備

事前に家族で話し合う|トミオやハウスメーカーに依頼するための準備

積み木

環境性能の向上にメリット

レディ

光熱費削減にもつながる

現在の住宅は、世界的な環境問題対策の流れに則る形で環境負荷の低い住宅の開発が促進されています。そして政府や各地方自治体もこうした取り組みを支援、促進する多様な施策を実施しています。住宅が持つ環境負荷を下げる機能の柱となるのが電力消費量を削減できる機能で、その主なものは気密性や断熱性を高め外気の影響を受けにくくすることで空調機器の使用頻度を減らすことができる壁や窓などの設備と、太陽光発電やホームエネルギーマネジメントシステムなどの自家発電で電気を生み出したり、電気の効率的な使用を可能にする機器類です。特に南部には寒暖の差の激しい盆地があり、北部は冬場の寒さが厳しい京都府では気密性や断熱性の向上によって抑制できる電気の使用量が大きく、その分家計にとっても光熱費の削減に寄与できるという特性があります。注文住宅による一戸建ての建築は、このような気密性や断熱性の高い住宅資材や電気の購入量の削減に寄与できる機器類の導入の際に予算以外の制約がないことから、京都府では注文住宅による一戸建て建築のメリットが今後ますます大きくなると推測できるのです。

自治体の助成制度

京都府で環境性能の高い注文住宅を建築する場合、補助金の助成を受けられるというメリットもあります。具体的にはホームエネルギーマネジメントシステムを設置することで、最大で11万円の補助金を受けられるのです。ホームエネルギーマネジメントシステムは完成済の一戸建てやマンションに後から設置するのは一筋縄にはいきません。注文住宅の建築時に設置する、もしくは将来的なシステムの設置を念頭に、設置する際にスムーズに設置できるための構えを建築段階で予め行っておくことが効率的なのです。また、京都府内では各市町村の中でも独自に太陽光発電や家庭用燃料電池などの設置に対する助成制度がありますので、京都府内で注文住宅を建てようとする際には京都府や注文受託を建築する市町村の助成制度を予め確認しておくと有効です。